アメーバブログ(アメブロ)に忍者アドマックスを設置する方法

2021年9月30日までに当サイト経由でポイントインカムに新規登録後11月30日(火)までにポイント交換完了すると、通常100円もらえる交換ボーナスが、500円分に増量されるキャンペーンです。さらに、紹介者がお友達をリア友登録している場合はお友達の交換ボーナスが800円分にアップ!是非この機会にポイントインカムに登録して、交換ボーナスをゲットしましょう。

参照:ポイントインカムキャンペーン リア友紹介キャンペーン

アメーバブログ(アメブロ)に忍者AdMaxを設置する方法を紹介します。

2020年3月中旬のAmeba Pickリリースに伴い、Amebaブログでは、旧方法による忍者アドマックスを始めとするアフィリエイト広告の新規掲載が出来なくなりました。





【忍者AdMaxの実際の広告 広告サイズ 300×250 center表示】

アメーバブログ(アメブロ)用に忍者アドマックスの広告を作成する

まずは、忍者アドマックスの登録方法から観ていきましょう。

①【忍者ツールでアカウント登録】


①【忍者ツールでアカウント登録】をクリックします。

②【新規ユーザー登録】


②【新規ユーザー登録】を選びます。

③【仮登録】


③【仮登録】の画面になるので、メールアドレスを登録します。

④【本登録】


④メールアドレスに本登録用のURLが送られてくるので、引き続き【パスワードとメールマガジンの受信する・しない等】を選びます。メールアドレスがIDになります。

これで忍者アドマックスの登録が完了です。

⑤【AdMax】


⑤忍者ツールズアカウントにログインした後に、【AdMax】を選びます。
※AdMaxFriendsは、忍者アドマックスの友達紹介用バナーを作成できます。

⑥【広告枠を追加】


⑥AdMaxを選ぶと、【広告枠を追加】するというメニューがあるので、これを選択します。

⑦【広告枠の種類】


⑦【広告枠の種類】を選びます。PCサイト向けの広告枠を作ります。

⑧【amebaブログのURLで広告を作成】


⑧サイトタイトル・サイトURLを入力します。サイトジャンルはプルダウンで選択します。
※ここで注意することは、必ずamebaブログのURLで広告を作成して下さい。ドメインがamebaブログ以外のURLで広告を作成した場合、amebaブログに設置するとエラー表示になるためamebaブログでは利用できません。

忍者アドマックスは、一つの広告を複数のサイトで使いまわすこともできます。もともとアメブロ用に広告を作った場合は問題はありませんが、アメブロ以外のサイト用に作った広告をアメブロで利用するとエラーになります。

amebaブログに広告を設置する場合の忍者アドマックス公式のおすすめサイズ(160×600)

後は、amebaブログ用に作成した忍者アドマックスの広告タグをコピーしてamebaブログに貼り付けます。

アメーバブログ(アメブロ)のサイドバーに忍者アドマックス広告を設置する

amebaブログ用に作成した忍者アドマックスの広告を設置する方法を説明します。

①amebaブログ管理画面「設定・管理」


①amebaブログ管理画面「設定・管理」をクリックします。

②「サイドバーの設定」にあるプラグインの追加


②「サイドバーの設定」にあるプラグインの追加を選びます。

③「フリープラグイン」のスペースにamebaブログ用に作成した忍者アドマックスの広告タグを貼り付け


③「フリープラグイン」を選択し、スペースにamebaブログ用に作成した忍者アドマックスの広告タグを貼り付けて保存します。

保存すると、「設定はこちら」というメニューが出るので、クリックします。
※「設定・管理」→「サイドバーの設定」→「配置設定」でも設定できます。

④フリープラグイン設定


④フリープラグイン設定を使ったことがない場合は「使用しない機能」欄にあるので、ドラック&ドロップで「使用する機能」の好きな場所に移動させて保存すれば終わりです。


「最近の記事一覧」の下に忍者アドマックスの広告が表示されるようにフリープラグインの場所を設定しました。

以上でamebaブログ用の忍者アドマックスの広告の設置方法は完了です。

小技

広告の位置を調整する場合、忍者アドマックスの広告タグを<center> </center>で囲います。デフォルトでは広告はサイドバーの左寄りに表示されるため、中央ぞろえにしたい場合はタグを使って調整しましょう。

<center> amebaブログ用の忍者アドマックスの広告タグ </center>

まだ登録していない人は、さっそく忍者AdMaxに登録して稼ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました