会社の経費でポイントをゲットする方法 法的・税務的問題含む

★2021年12月1日よりNetflix(ネットフリックス)でジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンが全世界独占先行配信(1~12話)されます。

Netflix(ネットフリックス)でジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンを無料で視聴しよう!

2022年1月31日(月)までに当サイト経由でポイントインカムに新規登録後2022年2月28日迄に会員ステータスがアップすると、ボーナスポイントがもらえるキャンペーンです。

参照:ポイントインカム ランクアップキャンペーン

2021年10月18日~12月19日まで、ポイントインカムで新型コロナワクチン接種で5,670円分のポイントが当たるキャンペーンを実施中です。

参照:ポイントインカム 5670-コロナゼロ-キャンペーン

★ポイントインカム ゲーム内の条件達成で必ずもらえる5000インカムポイント

2021年11月16日 ~ 2021年12月16日まで、ポイントインカムのゲーム(ポタゲームス)内の「ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁」をプレイして条件達成で5000インカムポイント(500円)が必ずもらえるキャンペーンを実施中です。

参照:ポイントインカム ゲーム内の条件達成で必ずもらえる5000インカムポイント

ポイントを貯める人にとって、魅力的な方法といえば、タダでポイントを貯める方法だと思います。

例えば、他の人の代理で商品を購入する場合にポイントが付与されるショップで立て替えて支払いをすれば、実質タダでポイントを貯めることができます。

もし会社の経費を立て替える場合にもポイントを獲得できれば、たくさんポイントを貯めることができます。

会社の経費でポイントをゲットする ポイントは誰のもの?

会社の経費でポイントをゲットする場合に注意することがあります。

・ポイントも会社に帰属するかどうか

当たり前のことですが、ポイントは経費の支払いに対して付与されます。因果関係を考えれば、個人が立て替えただけでタダでポイントがもらえるのはおかしいので、経費に関するポイントは会社のものであると考えるのが普通です。

もし、会社のポイントを個人で使用すると、業務上横領に該当する可能性もあります。

これは会社のルールによるので、必ず横領になるとは限りません。

会社の経費でポイントをゲットする 収入になる?

もし会社の経費の立て替えで得たポイントを、立て替えた人のものになるとした場合、ポイント分給与・賞与として課税される可能性があります。一般的に現物給与と考えられます。

あまり問題にならないのは、国税庁にポイントに詳しい人が少ないからではないかと思います。

今後、会社の経費の立て替えて得たポイントが現物給与扱いされることも考えられます。※通常は少額のポイントのケースが多いと考えられるため、事務処理のことを考えると可能性は低いかもしれません。

会社の経費でポイントをゲットする 見つからない方法

通常、会社の経費の立て替えの場合、レシート等で精算すると思います。そのレシートにポイントが掲載されていればポイントが付与されたことがわかります。

そこで、ポイントがレシートに掲載されなければポイントを獲得したことがわからないと言うことになります。※例えば領収書で経費を精算する場合もわからないでしょう。

通常の購入店のポイントは会社のもの、であることを前提に説明します。

例えば、ポイントサイトを通して購入すると、ポイントサイトのポイントと、購入先のポイントの2つのポイントをゲットできます。一般的に法的にも税務的にも問題になるのは後者です。前者のポイントが問題になることはないでしょう。なぜなら、ポイントサイトのポイントはレシートには全く表示されないからです。

・ポイントサイトを利用したポイント(見つからない)
・購入先のポイント(見つかる)

つまり、会社の経費の立て替えの際、ポイントサイトを利用すれば誰にも迷惑をかけずにポイントを稼ぐことができます。

ポイントサイトのポイントまで会社や税務署では因果関係を把握できないため、見つかることはありません。

ただし、ポイントサイトのポイントも税務上課税対象になります。今回のケースで言えば、一時所得として課税されます。一時所得の計算上、50万円の控除があるため一般的には課税されませんが、保険の満期等他に控除額以上の一時所得があった場合、所得税の申告をしないと脱税していることになります。

会社の経費でポイントをゲットする 法的・税務的ケースまとめ

・経費の立て替えでポイントをゲット

業務上横領(会社のルールによる)
税務上現物給与・一時所得

・ポイントサイトを経由して経費の立て替えでポイントゲット

会社に見つからない
税務上一時所得

会社の経費の立て替えに関する問題として、会社と個人の法的な問題(業務上横領)と、税務上の問題(現物給与・一時所得)があります。現在はそれほどポイントに関して厳しくありませんが、本来は課税対象であることは知っておきましょう。

※この記事は、税理士が監修しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました